吉祥寺壱番館歯科医院の院長紹介

1408CE.png 

Director of Dental Clinic

Dentist: Takefumi Arao


歯科医師免許取得後、大学院にて生体機能制御歯科学を専攻。大学院在学中より研究・学会発表・論文執筆の傍ら、一般開業医にてむし歯、入れ歯の治療を行う。企業の健康管理センター等で嘱託医として予防歯科にも従事。数万人以上の歯科口腔衛生管理・改善を経験。

その後、都内開業医勤務とともに

矯正歯科、インプラントを研修。

現在に至る。



★ 東京都立小児総合医療センター 連携医

★ 武蔵野赤十字病院 連携医



大学院(東京医科歯科大学)在学時代は、自己の技術や知識の探求・吸収の為だけにあった気がします。当時は、最先端の歯科材料の研究、論文執筆、国内、海外学会発表や、最新の治療テクニックの習得に一生懸命でした。いつかは、自分の家族、肉親や知人に現代最良の治療ができるようにと。 最良こそ最高だと信じて。
小学生の頃から、歯科医師になるまでむし歯になったことがありませんでした。ところがある日、自分が患者になった時、その考え方が大きく変わりました。
必要かつ十分な歯科医学の知識はあるものの、治療を受ける時の不安な気分。痛み。どうにかしてこの状態から脱して欲しい、医療人へのすがりたいような気持ちを知ってから、 治療は患者さんの為にあるべきだ、との思いが心の片隅に芽生えたのです。
歯科治療で、最低限必要なことや最終目標を医療サイドで決め付けることは、ある意味難しいことです。
十分な知識・治療技術があれば、 単なる自己満足を満たす為の治療よりも、患者さんが満足する治療を目指すべきではないかと思い、現在に至っております。
大学院時代の留学生だった友人(Dr.)の言葉がなぜか心に浮かびます。
「You Happyなら、Me Happy ね」
来院していただいた患者さんが、満足してくれる延長上にある結果の一つとして、当院の治療の最終目標はあります。
吉祥寺壱番館歯科医院には、それぞれの方にあった治療のメニューのご用意があります。選択するのは、御自身です。単に機能を回復させるに留めるのか、その上の長期的に維持させることを考えつつ、日常生活の中での心地よさを求めて行くのか等々。

まずは、出来るところから始めましょう。

十分なコンサルティングを行った後に、治療に入ります。ひたすら悩まず、まずは御来院、御相談下さい。口腔内を実際に拝見しないとなにも始まりません。ただひとつ、言えること。

当院には、きっと貴方のための治療の選択肢があるはずです。


ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
03-3928-6874